in order not toとnot to≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
彼を傷つけないためにそう言ったんです

誤英語
I told him so not to hurt him.

伝わった内容
彼を傷つけないようにと、彼にそう言ったんです

訂正英語
I told him so in order not to hurt him.


in order not toとnot toのポイント

tell 人 to Vは通常「人にVするように言う」。
誤英語だと「彼に(別の)彼を傷つけないように」となって
しまいます。

ここではin order not to hurt himとし、「彼を傷つけないために」
とします。


ひとこと

「〜するために」のtoはin order to Vと基本的に同じ。
なので、この場合には短いto Vを通常使います。

in order..は「〜しないために」という否定の場合に多く
使用されます。


合わせて読みたい!オススメ記事


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


前置詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved