for whichとwhich≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
友人が勤めるコーヒー屋に行ってきた

誤英語
I went to a coffee shop which my friend works.

伝わった内容
友達が作動させるコーヒー屋(の1つ)に行ってきた

訂正英語
I went to the coffee shop for which my friend works.


for whichとwhichのポイント

aは不特定多数の中のひとつ。
誤英語だと「友達が複数のコーヒー屋に働いていてその中の1つ」
になります。友人が働いているのが1箇所の場合はtheにします。

次にwhichをcoffee shopに戻し、後ろに入れると
my friend works the coffee shop.
つまり、work Nの形「Nを作動させる」で、誤訳のようになります。

「〜に働く」はwork forなのでfor which、もしくは
which my friend works forとします。


ひとこと

関係代名詞whichにはforやat、onなど前置詞をつけられますが、
thatにはつけられません。

X I went to the coffee shop for that my friend works.
○ I went to the coffee shop that my friend works for.


合わせて読みたい!オススメ記事


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


関係代名詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved