進行形とVの違い(過去)≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
家に帰ると、妻は寝ていた

誤英語
My wife slept when I got to my home.

伝わった内容
家にとりかかると、妻は寝た

訂正英語
My wife was sleeping when I got home.


進行形とVの違い(過去)のポイント

「寝ていた」と進行形なのでwas sleepingに。
sleptだと「〜した時に、寝た」とその行為をした時に
寝たことになります。

次に「〜に着く」はget to 場所ですが、homeは
前置詞toが込みなので、got homeに。
誤英語はget to N「Nに取り掛かる」の形で誤訳のようになります。


ひとこと

get to N「〜に取り組む」の例を。。

Let's get to it.さあ、取り掛かりましょう
I'll get to that later. それは後でやります。



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


進行形カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved