受身進行形 be being P.P.≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
レストランにつくと、鶏肉が焼かれていた。

誤英語
The chicken was broiled when we got to the restaurant.

伝わった内容
レストランにつくと、鶏肉が焼かれた。

訂正英語
The chicken was being broiled when we got to the restaurant.


受身進行形 be being P.P.のポイント

受身の進行形を忘れたミス。
誤英語では直訳の通り、「鶏肉が焼かれた」。つまり、

→レストランに着いた時に、肉を焼いた
→着いてから焼き始めた
というニュアンスです。

ここでは、着いた時にはすでに肉を焼いていた、と言いたいので、進行形。
受身の進行形はbe動詞+being+P.P(過去分詞)。上記の形です。

「着いてから焼いた」と「着いた時に焼いていた」は大きく違います。
受身になると進行形を忘れがちですので注意しましょう!


ひとこと

「焼く」系の単語の代表格はburn、grill、groil、bake。

burn → 燃やす、焦げる
grill/groil → (肉、魚など)焼く(あぶる)
bake → (パンなどをオーブンで)焼く

I baked the meat. 肉を焼いた
と言う人がいますが、これは「肉を焦がした」という意味になります。
ご注意を!



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


受身カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved