shouldとdon't have to≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
(それに)申し込んだらダメだよ

誤英語
You don't have to apply to it.

伝わった内容
(それに)適用する必要はないよ

訂正英語
You shouldn't apply for it.


shouldとdon't have toのポイント

肯定はshould = have toですが、否定はshouldn't「〜すべき
でない」、don't have to「〜する必要はない」と意味が違い
ます。ここではshouldn'tにします。

次にapply toはapply A to Bで「AをBに適用する」。
次にapply toはapply A to Bで「AをBに適用する」。
誤英語は「(何かを)それに適用する」となってしまいます。
「〜に申し込む」はapply forにしましょう。


ひとこと

apply A to Bで「Aを(薬を)〜に塗る」という意味で使えます。

I applied the medicine to my arm.腕に薬を塗った

applyは意味が多いですが、典型的なものだけ押えておきましょう。



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


助動詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved