to Vとto have P.P.≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
昨日の晩、激しい雨が降ったようだ

誤英語
It seems to rain hardly last night.

伝わった内容
昨日の晩、ほとんど雨が降らないようだ

訂正英語
It seems to have rained hard last night.


to Vとto have P.P.のポイント

to Vは周りの動詞より未来を表し、誤英語はseemより
未来で「(未来で)雨が降りそうだ」となります。
周りの動詞より時制を戻すには、to have P.P.にします。

次にhardlyは「ほとんど〜ない」という否定で、
誤英語は「ほとんど雨が降らない」となってしまいます。
なので「激しく」のhardに変えます。


ひとこと

rain hardはpourを使えば1単語ですみます。

It seemed to have poured last night.

「土砂降りする」という意味で頻出ですので、押えておきましょう。



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


助動詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved