moreの位置≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
上司ともう一度、話をしてみようと思った

誤英語
I thought to talk with my boss more one time.

伝わった内容
上司と1度、もっと話しをすることに気づいた

訂正英語
I thought I'd talk with my boss one more time.


moreの位置のポイント

think to Vは「〜することに気づく」という意味です。
なのでwillの過去wouldを使い、I thought I'd〜
「〜してみようと思った」の形にします。

次に「もう〜回/度」という場合、moreは数字の後ろです。
誤英語はmoreがtalkを修飾し、前のミスと重なり
「上司と1度、もっと話しをすることに気づいた」となります。


ひとこと

talkの使い方の復習を。。

talk N「Nのことについて話す」、talk with N「Nと話しをする」
talk to N「Nに話しかける」

前置詞がある/ないで意味が変わるので注意しましょう。



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 

合わせて読みたい!オススメ記事


比較級カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved