must have P.P.≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
彼はいいテニス選手だったに違いない

誤英語
He must be a nice tennis player.

伝わった内容
彼は人のよいテニス選手に違いない

訂正英語
He must have been a good tennis player.


must have P.P.のポイント

まずmust beは「〜に違いない」と現在のことを表します。
「だったに違いない」と過去ですのでmust have beenに直します。

次にniceは基本的に「(人柄/性格が)良い」。
なので誤訳のように「人のよい選手」となります。
「(能力などが)よい/すぐれた」という場合はgoodにします。


ひとこと

助動詞+have P.Pの復習をもう一度。。

must have P.P. 〜だったに違いない
could have P.P.
〜した可能性がある/〜しようと思えばできたがやらなかった
should have P.P. 〜すべきだった(しなかった)

ひとつずつしっかり押さえておきましょうね〜



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 



助動詞過去カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved