come to Vと動詞≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
時が経つにつれ、彼の本性に気付くように

誤英語
I realized his true colors as the times passed.

伝わった内容
時代が経つにつれ、彼の本性に気付いた

訂正英語
I came to realize his true colors as time passed.


come to Vと動詞のポイント

伝えたい内容は単に「気付いた」ではなく、「気付くようになった」と状態
の変化を表しています。realizedだけでは「気付いた」としかなりません。

このような場合はcome to Vとします。
口語ではget to Vとすることもあります。
I got to know many people. 沢山の人と知り合いになった(知るようになった)

次にthe timesは通常「時代」という意味で使われます。
「時」は単にtimeで十分です。


ひとこと

形容詞の状態の変化はget 形容詞です。

He is getting big these days. 彼最近太ってきてるんだ

あと「なぜ通じない?」でちょっと話したget to ですが、
口語で(have) got to としてhave toと同じ意味でもよく使います。

I've got to do sit-ups. 腹筋しなきゃ

haveは省略することもあります。get toは色々意味があるので、
一つずつ覚えましょう〜



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


名詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved