somebodyとanybody≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
彼がすごい人だとは思わない

誤英語
I think he isn't anybody.

伝わった内容
彼は普通の人ではないと思う

訂正英語
I don't think he is somebody.


somebodyとanybodyのポイント

ポイントは誤英語のanybody.
somebody「すごい人」のsomeをhe isn'tと否定文なので
anyに変えて、 「すごい人ではないと思う」と言いたかったのですが、
意味が全く反対になっています。

somebodyはこれだけで「すごい人」という意味。
否定文、疑問文になったからといってsomeがanyに変わる法則は
当てはまりません。

しかも、anybodyは「ごく普通の人」という意味がありますので、
誤英語はこれに当てはまってしまい、「普通の人でないと思う」、
つまり「すごい人だと思う」と言いたい内容と全く反対に伝わっています。

なので、ここでは訂正の通りsomeをanyに変えずそのまま使います。


ひとこと

someが疑問文、否定文でもanyに変わらないケースの代表格は
相手に何か勧める時など、相手にyesと言って欲しい時ですね。

Would you like some coffee? コーヒーいかが?

ま、必ずしも相手にyesと言って欲しいとは限りませんが、
相手に物を勧めるこの言い方は習慣的なものですね。。



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


名詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved