somethingとanything≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
彼は私の顔を見て何か言おうとした

誤英語
He wanted to say anything with seeing face.

伝わった内容
彼は分別のある顔とともに何でも言いたかった

訂正英語
He tried to say something looking at my face.


somethingとanythingのポイント

まずwanted toでは「〜したかった」となるので、tried
toで「〜しようとする」とします。
次にanythingは肯定文では「何でも」という意味。
なのでsomething「何か」に。

最後にwith seeing faceですが、通常with〜ingの形は取りません。
しかもfaceにmyが抜けているのでseeingが形容詞の
「分別のある」という意味になってしまい、
「分別のある顔とともに」となってしまいます。

なので「〜しながら」という分詞を使い、looking
at my faceに変えます。


ひとこと

「見る」という動詞で有名どころはwatch、look、see。
あとは

stare at 〜をじっとみる
gaze at  〜をじっとみる(stare atとほぼ同じ意味)
glare at 〜をにらみつける

くらいを押さえておきましょう。



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


名詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved