drunkとdrunken≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
彼と話をしたことはあるが、一緒に飲んだことはない

誤英語
I've talked to him but I've never drunken with him.

伝わった内容
彼に話しかけたことはあるが、彼と酔っ払った???はない

訂正英語
I've talked with him but we've never drunk together.


drunkとdrunkenのポイント

まず「〜と話す」はtalk with〜。talk toは「〜に
話しかける」。例外の場合もありますが、基本はこの
考え方です。

次にdrunkenは「酔っ払った」という形容詞。
drinkの過去分詞ではありません。なので、誤英語では
have neverの後ろにくるべきP.P.がなく、誤訳のように
動詞の部分が何なのか、わからなくなっています。

drinkの過去分詞はdrunk。なのでそのように直します。


ひとこと

drunkはdrinkの過去分詞ですが、drunkenと同じ
「酔っ払った」という形容詞もあります。なので、

He is drunk = He is drunken.
で同じ意味です。過去分詞の場合だけ注意しましょう。

ちなみにwe've never drunk togetherは
I've never drunk with him.でもよいですが、
前にもwith himとあり、繰り返しになるので、訂正英語のように
する方が良いです。



■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


形容詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved