understandableとunderstanding≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
理解のある上司がいなければ、彼はクビになっていただろう

誤英語
But for the understandable boss, he would have fired.

伝わった内容
理解できる上司がいなければ、彼は(誰かを)クビにしただろう

訂正英語
But for the understanding boss, he would have been fired.


understandableとunderstandingのポイント

But for〜「〜がなかったら」の仮定法にするのは正解ですが、
understandableは「理解できる/理解可能な」という意味。
「理解のある/ものわかりのよい」はunderstandingに。

次にfireは「〜をクビにする」。
彼はクビになる側なので受身にし、would have been firedにします。


ひとこと

復習までに。。仮定法のカンマ以降(今日の英語ではboss以下)

でありえない過去を表す時は
⇒ 助動詞の過去 + have P.P. (例 would have been fired)

ありえない現在は
⇒ 助動詞の過去 + 原形 (例 would be fired)

ちなみにBut forを会話ではwithoutにして使用することが多いです。




■アマゾンタイムセール!毎日更新☆


合わせて読みたい!オススメ記事

今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ラインで直接登録:


QrCodeで登録:

パソコン用で登録する方は下記から☆

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004〜 

パソコン用:無料メルマガ登録フォーム

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用:無料メルマガ登録フォーム

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


合わせて読みたい!オススメ記事


形容詞カテゴリ内の記事一覧

ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved