否定のhardly≪イーエイゴドットネット≫

伝えたかった内容
頭痛でつらかったが、一生懸命仕事をした

誤英語
My headache was hard but I worked hardly.

伝わった内容
頭痛は一生懸命だったが、ほとんど仕事をしなかった

訂正英語
I had a terrible headache but I worked hard.


否定のhardlyのポイント

まずhardは「大変な/つらい」という意味はありますが、
これは「(生活/出来事が)つらい」という意味で、頭痛など
痛みには通常使いません。

なので、誤訳のように「一生懸命に」というhardに取られてしま
います。なので、ここではterribleを使います。

次にhardlyは「ほとんど〜しない」というのが代表的な意味。
I worked hardlyだと「ほとんど仕事をしなかった」となって
しまいます。ここでは「一生懸命に」という意味のhardを使います。


ひとこと

痛みの表し方で典型的なのが、

I have a headache.
I have a sore head.

体の部所にacheをつけるか部所の前にsoreをつけるのが一般的。
どちらでも意味はほとんど同じですが、用法に違いはあります。
違いはacheの場合

head/ear/tooth/stomach/back

くらいにしか使えません。
「喉が痛い」という時にthroatacheは間違いです。
対してsoreはどれにでも使えて万能です。
迷ったらsoreにしておくと無難ですよ。

2005/01/29作成







期間限定!英語教材プレゼント!

期間限定!英語教材プレゼント!
*
*





今日の日記

カタカタ英語代表の1つ「ホッチキス」。これは英語ではありません。
英語はstapler.ホッチキスで留めるはstapleを使います。

ここで以外と知られていないのが、なぜ日本では「ホッチキス」
なのか。。これはstaplerを発明した人の名前が「ホッチキス」
という名前だったからです。

私の知人のアメリカ人は「日本人はホッチキスの英単語は
知らないが、発明した人の名前を知ってる。変だ。」
と言ってました。

変ではないと思いますけどね。。。。



<イーエイゴドットネットへの皆様からの総評価>

評価人数:13,060人

サイトの総評価平均点(★5つ中):★★★★☆


*評価人:メルマガ読者とサイト訪問者
*内容:各記事は全てメルマガと同一
*メルマガ名:1分で治る!あなたの通じない英語
*コンテンツ元メルマガ代表URL:http://www.mag2.com/m/0000141219.html

*対象評価年:2010〜2015年11月現在
*ご感想例URL:http://i-eigo.net/kz.html
*評価への参加方法:左メニューバーの問合せフォームより可

副詞カテゴリ内の記事一覧



ソーシャルボタン
Copyright (c) 2008 英語学習のイーエイゴ All rights reserved